ダイビングライセンスの取り方④:アドバンスって何?

海中世界への入り口として、一般的なのはダイビングにおけるオープンウォーターダイバーのライセンス(Cカード)です。

しかし、オープンウォーターダイバーのCカードを取ったその先には、「アドバンスド・オープンウォーターダイバー」というランクのライセンス(Cカード)が存在します。この「アドバンス」と呼称されるランクとは一体なんなのでしょうか。

オープンウォーターダイバーになって直ぐにアドバンスの講習を受けることを薦められるなんてことも、ダイビングの世界ではよくあります。せっかく頑張ってオープンウォーターダイバーになったのに、まだその先が何かあるってオープンウォーターダイバーじゃ実はダメっていうこと?なんて声も聞かれます。

でも、そんなことは全くありません。オープンウォーターダイバーでも十分にダイビングを楽しめます。ただし、敢えて別のランクとしてアドバンスド・オープンウォーターダイバーが設定されているのには、ダイビングをより安全に且つ快適に楽しむという観点において、それなりの理由があるのです。

では一体、アドバンスド・オープンウォーターダイバーとは何なのか。今回はこれを考えてみたいと思います。

アドバンスド・オープウォーターライセンスとは?

ダイビングでライセンス(Cカード)を取得した皆さんはオープンウォーターダイバーというランクに認定されたことになります。
水中世界を楽しむために必要なのがCカードということなりますが、オープンウォーターダイバーにはダイビング可能な水深に対して制限がかかります。

オープンウォーターダイバーが潜水可能なのは水深18mまでとなります。
18mの意味合いとして考えてみると、ダイビングにおいて観察可能な魚の数や種類としてその大部分が存在する範囲としてはおよそ水深30mまでと言われていますので、その半分くらいまでは楽しむことができるということになります。
半分の深さと言っても、よくダイビングでイメージされるサンゴ礁や、熱帯魚の大多数が泳いでる場所は基本的に18mよりも浅いところであることが多いので、相当な数の魚たちや水生生物を観察することができます。

じゃあ、どうしてアドバンスド・オープンウォーターダイバーが重要だと言われるのでしょうか。

アドバンスドオープンウォーターダイバーの必要性

しかし、18mでも十分に深いよ、という方もいらっしゃるかもしれませんが、ダイビングにおいては、その範囲は限定されています。
ダイビングスポットによってはアドバンスド・オープンウォーターダイバーを持っていないと受け付けてくれないこともあります。場合によってはアドバンスランクのCカードを持っていないとファンダイビングに参加すらできないこともあります。

ダイビングを始めようかなぁと思った理由として、いろんな憧れをもっていたのではないでしょうか。

「青い海を見てみたい」「熱帯魚が見てみたい」というだけではなく、「大きな魚を目の前で見てみたい」とか「海底遺跡を見に行きたい」とか、「ブルーコーナーみたいな青くて深い海に潜ってみたい」とか、そんなことを考えていましたよね。しかし、オープンウォーターダイバーのCカードではそれが達成できないこともあるのです。

アドバンスドオープンウォーターダイバーのコースでは様々なことが学べるからこそ、よりレベルの高いダイビングスポットへ行くことができるようになるのです。

ではどんなことが学べるのかみていきましょう。

アドバンスドオープンウォーターダイバーで得られるもの

アドバンスドオープンウォーターダイバーのCカード認定を受けることにより、どんなことが学べるのでしょうか。

まず、30mまでのダイビングが可能な知識とスキルを備えていることが証明として得られます。

18mと30mでは、体にかかる負荷や海の中の様子も全く異なります。何を気をつける必要があるのか、どのようにしたら安全にダイビングができるのかをコースを通じて学んで実践により確かめることができます。深いところから浅いところまで移動する場合には、水圧などから受ける体の負荷をコントロールする必要がありますので、どのようにしてダイビングを行うのか、その計画を立てることも学ぶことができ、よりレベルの高いダイバーになることが可能です。

またもう一つは、水中世界のナビゲーションを学ぶことができます。

水中では、陸上と違って360度、前後左右上下、あらゆる方向に活動することができます。まるで空中に浮いているように動ける。これがダイビングの魅力の一つではあります。しかし、一方では方向感覚がわかりにくなるという欠点もあります。まして、水中世界なんて生まれてから活動したことがある人は稀ですし、初めて潜る場所となると余計にわからなくなる。自分がどこにいるのかを掴みにくいというが特徴です。

そのため、アドバンスドオープンウォーターダイバーコースでは水中ナビゲーションという、水中でのコンパスの使い方や水中移動における方向感覚などを身につけることが一般的です。

その他のこととしては、水中での行動をより容易にし、魚のように自在に動けるための必須スキルである「中性浮力」や「ボートダイビング」、「沈船・洞窟ダイビング」、「ナイトダイビング」、「水中カメラ」など、いくつかの事項について深く学ぶことができます。これらを学び実践することでダイバーとしてのステップアップができるようになるのです。

アドバンスドオープンウォーターダイバーになるのは、いつがいい?

最後にアドバンスドオープンウォーターダイバーになる時期について。
これは早くても遅くても大丈夫だと考えています。マイペースで自分が18mよりも深いところも見てみたい、もっと安全にダイビングできるようにしたい、水中カメラやナイトダイビングなど、さらにダイビングを深く楽しみたいと思ったらアドバンスドを受けてみるといいのではないでしょうか。

指導団体によりアドバンスドオープンウォーターダイバーのコースは異なりますので、所属するダイビングスクールのインストラクターに問い合わせてみるといいと思います。

なお、SSIではアドバンスドオープンウォーターダイバーというライセンス(Cカード)のコース設定はなく、その認定を受けるには、「ディープダイビング」や「ナイトダイビング」、「ナビゲーション」などの15種のスペシャルティコースのうち4種を修了し(修了要件は各スペシャルティコースにより異なる)、トータルで24本のダイブ経験が必要となります。

いずれにしてもアドバンスは一人前のダイバーの登竜門。ダイビングをより楽しみたいと思っている方は、ぜひチャレンジしてみてください。