ダイビングライセンスの取り方⑦:プール講習では何をするの?

ダイビングのライセンス(Cカード)の取り方について、ダイビングスクール シャークアイが解説するシリーズ、第7回です。

ダイビングのライセンスの取得を計画されている方からよくある質問のひとつが「プール講習では一体どんなことをするのですか?プールでは泳げないといけないのですか?」というものです。プール講習ってどんなことをするのか気になりますよね。

今回はプール講習について考えてみましょう。

プール講習の目的とは?

まず、プール講習の目的について考えていくことにします。そもそも、プール講習はなぜ行われるのか?ということですね。

すでにお気づきだとは思いますが、学科講習を終えたばかりで、いきなりダイビング!とはいきませんよね。海に出る前に、まずは水に慣れるということ、そして、ダイビングを楽しむ上で必要となるダイビングのスキルを練習することが必要になります。

従って、穏やかな場所=プールでスキルをしっかり練習するのがプール講習の目的ということになります。

実は穏やかな場所であれば、プールではなくてもいいのです。海ということもあり得ます。プール講習は正式には「限定水域講習」と呼ばれていて、穏やかな浅瀬であれば海でもプールでも行うことができます。実際には透明度が高く、波がないプールで行うことが多いです。

プール講習ではどんなことをやるのか?

プール講習で、「じゃあ、飛び込みましょう!」とドボンと深い水に入ることはありませんので安心してください。まずは陸上で、器材のセッティングから開始し、ダイビング器材について、その使い方やメンテナンス方法などを実際に器材に触れながら行います。

その後、まずは足の立つところでウェットスーツの浮力を感じたり、水中での呼吸を練習してみたりと徐々に水に慣れていきます。

その後、マスククリアといって、マスクの中に水が入ってきたらどうするかの対処方法や耳抜きの仕方など、段々とダイビングらしい講習内容に移っていきます。始めは戸惑うかもしれませんが、やってみればそんなに難しいことはなく、学科講習で学習したことが基礎になって理解は早く進んでいきます。それと同時にスキルの習得
も早く進みます。

約20種類ほどのスキルを練習していきますが、最後は水深4−5m程度の場所にて潜行の練習をしたり、中で無重力状態のように浮いたりする体験をします。初めての無重力になったときの体験は一生忘れられない感動があると思います。

その他、どんなことをやるのか、以下にリストを挙げますので参考にしてください。

・ウェットスーツの役割とウエイト(重り)の役割
・耳抜きの仕方
・器材のセッティング
・器材の身に着け方
・水中でのレギュレーターを使った呼吸
・レギュレーターに水が入ったときの対処法
・マスクに水が入ったときの対処法
・潜行の方法
・中性浮力
・タンクの残圧の確認
・BCDの操作方法
   など、約20種類。

プール講習が大切なわけ

ダイビングのライセンス(Cカード)の講習では、プール講習(限定水域講習)の位置付けはとても大切です。なぜなら初めてダイビングの器材を実際に使って、ダイビングの練習をするからです。

これまでは映像などで見るだけだった器材が目の前にあり、いよいよリアルなダイビングをして水の世界に飛び込んでいく、その最初の日がプール講習なのです。

初めてのことばかりで最初は戸惑いもあるでしょう、しかし、だからこそ、一生忘れられない思い出となって記憶に残ると思います。私もいまでも鮮明に覚えています。
ぜひ、思い出のダイビングデビューにしてください。プール講習から全てが始まっていくのです。