伊豆でダイビングライセンスを取得する理由とは?

関東甲信越近郊、静岡や名古屋くらいまでにお住まいの方はダイビングと言ったらどこに行くか、と考えると必ずその選択肢の一つに上がるのが「伊豆」です。

伊豆ではなく、最初から海外や沖縄だ、という方も、もちろんいます。しかし、伊豆でダイビング ライセンスの取得を検討される方もたくさんいらっしゃいます。

そもそも、なぜ伊豆で取得するのか。
お客様にお話を伺っている中で分かってきたことがあります。
ここでは伊豆でダイビングを始めるメリットについて解説したいと思います。

身近に楽しもうと思ったら伊豆が選択肢に

ダイビングを始めようと思ったら真っ先に考えるのがライセンス(Cカード、OW:Open Waterとも呼ばれる)の取得が必要となります。

その段階で、同時に考えるのは、取得後にダイビングをどうやって楽しもうかということです。
どういう楽しみ方にするのか、例えば、週末は出来るだけダイビングしたいのか、年1回くらいでもいいのか、水中写真を趣味したいのか、こういったことを考えます。

そこで、もし、ダイビングを頻繁に楽しもうと思ったら近場にダイビングスポットがないといけません。しかも、それなりに楽しめる場所で。

と考えた時に、埼玉や千葉、東京、神奈川などの関東甲信、東海地方にお住まいの方に朗報となるのが「伊豆」という世界的に有数のダイビングスポットがあることです。

もちろん、ダイビングが楽しめるといっても、そのスタイルはいわゆる南の島のダイビングとは異なる部分があります。

例えば南の島のダイビングでは、ボートダイビングが基本になっていますが、伊豆はビーチエントリーもあります。

また、海も熱帯地域のように年中一定の高い水温ではなく、温帯域なので海にも四季があります。当然、みられる魚の種類も変わります。

魚の種類については熱帯地域がある程度一定しているのに対して、伊豆では季節に応じてみられる魚が熱帯〜温帯までと変化します(伊豆でも熱帯魚と言われる魚は観察することができます)

このような違いはあるものの、ダイビングそのものは変わりませんし、どちらも普通にできます。水温の違いによる、影響が最も違う部分と言えるでしょう。

その違いを除けば、頻度高くダイビングができるという点で伊豆は関東近郊から東海地域のダイバーにとって「趣味としてダイビングを多く楽しみたい」というニーズを満たす、絶好の場所ということになります。

伊豆でライセンスを取得するメリット

では、伊豆でライセンス取得をするメリットとは何か考えてみましょう。

1. 近い

まず、関東や東海から場所的に近いというのは最大のメリットかと思います。
近いことで、様々な副次的なメリットが出てきます。例えば、コストを抑えられたり、日程調整が比較的フレキシブルにできたり。

これらの副次的なメリットはリゾートでは得られないもので、近い場所にダイビングスポットとしての伊豆があるからならではの特徴となります。

また近いことで交通費や準備の負担も低くなることが期待されます。
公共交通機関で、且つ陸路で行けますので、車もつかえます。荷物を事前に宿に送ったり、持ち込んだりするのも楽になります。

心理的にも、遠くないということは安心材料で、飛行機を逃してしまったら。。。。などの心配もなくなります。

2. コストが安い

ダイビングのライセンスを取る人の恐らく一番の悩みの一つがこの費用面。
決して安くはない投資になるので、どこがいいのか、どうしたいのか、比較しながらいろんなサイトを見て考えると思います。これはほとんどの人が経験するプロセス。

その中で、伊豆はどういうことが考えられるかというと、やはり近いということと交通費が抑えられるということが最大のメリットかと思います。食事や宿泊費は日本国内であればほぼ横並びですが、伊豆の場合は関東や東海からは車や公共交通機関が利用できる場所がほとんどなので、比較的安く移動できます。

また、ダイビングを沖縄や海外リゾートで取る場合、行ったは良いが、ほとんど講習で終わって観光はほとんど出来ないということにもなりがち。そうなると折角行ったのに何だか勿体ない、、、ということにも。そういう心理的なコストという意味でも伊豆のほうが安いかもしれません(折角リゾート行ったからと、お土産をたくさん買い込んでしまった。。。となるとさらにコストも高くなります)

伊豆で練習してからリゾートでダイビングも陸上も余裕をもって、というのが理想的なスタイルの一つかもしれません。

3. 日程がフレキシブル

ダイビングというと、かなり前から日程を組み予定を合わせ、仕事を調整して、、、、というイメージがありますが、近場でダイビングが出来るとなれば、この調整も不要となります。

「そうだ、明日、ダイビングに行こう」という、某鉄道会社のCM的なノリでダイビングが楽しめるということになります。

さすがにライセンスの取得講習となると、「そうだ、明日、講習に行こう」とは出来ませんが、それでも伊豆なら飛行機のことを気にしたりしなくて済むので、かなりフレキシブルに日程調整は可能となるはずです。

沖縄などであれば季節によっては台風もあるでしょうし、海があれても飛行機で飛んで行ってしまったら引き返すこともできません。伊豆なら、その心配もありません。

4. 多様なダイビングで経験値を積める

リゾートと違って伊豆のダイビングは多様な経験値が積めます。

リゾートでのダイビングは、基本的にボートダイビングで、海は透明度が高いことが多いです(=プランクトンが少ない)。
したがってダイビングはどちらかというと楽にできるかもしれません。

一方、伊豆ではボードだけでなく、ビーチのエントリーもあります。そして、海は波があったり、海も地形がダイナミックな場合がおおく、透明度はピンキリです。

じゃあ、リゾートのほうがいいじゃないかと思われるかもしれませんが、ダイビングは経験値もとても重要で、多様な環境で潜っていることがスキルを上達させ、対応力を上げる近道です。

ものすごく綺麗な海で楽しそうに見えるリゾートでも、実は流れがあったり、急に透明度が低い場所があったり、透明度が高すぎて深さがわからなくなる、温かいと思っていたのに急に冷たい水になる、などの危険があります。これらのリスクは体験しておかないとわからないもので、その意味で似たり寄ったりの海を潜っているよりも、日々多様な条件の海で潜っていることの経験が活きていきます。

その観点からも多様な水中環境がある伊豆でしっかり経験と回数を重ねて、リゾートで余裕をもって楽しむ、ということがよりベターな選択肢ということも考えられます。伊豆でダイビングを始めて、その後はリゾートや水中写真の世界に移行していく人も少なくありません。

なお、伊豆のボートは「漁船」という場合もあります。これもまたすごく貴重な体験ですね。

5. リゾートに行かなくても同じような生物が見られる

ライセンス講習とは言ってもせっかくダイビングするのだから、水中世界も楽しみたくなるもの。
実際、講習だから練習ばかりということではなく、スキル練習の合間に応用としてダイビングをすることにもなります。

そんなときにどんな水中世界がどんな世界は重要かもしれません。
講習ではやはり力が入りますし、緊張もします。
そんな中で水中世界での景色は癒しです。

伊豆にも熱帯魚が多く生息していますし、その大半はダイビングの講習を受ける浅い海に住んでいますので講習中もちょっと横を見るとカラフルな魚が泳いでいるということがよくあります。
もちろん、おさかな屋さんにいるような美味しそうな魚も。。。。

トロピカルな魚にくわえて、普段よく見るような魚もいる。まさに日本の水族館のような景色を伊豆では楽しむことができます。

6. ダイビング仲間と出会う、会える

伊豆でダイビングを楽しむということは、そこにくる人達は地理的に近い、関東甲信から東海地方の人達ということになりますが、地理的に近いのでダイビング以外でも会おうと思えば会える環境にあります。

リゾートや沖縄のダイビングで出会った人と交流し、仲良くなる。ということも無いことはないですが、そこはやはり旅での出会いというのは儚いもので、長期的に仲間のような存在になることは稀です。
一方で、近場でライセンス取得したり、ダイビングを楽しめれば、住まいも近い人達と出会うことになりますし、ダイビングだけでなく、陸上での交流も可能です。

各スクールやショップでもオフ会や交流イベントを催している場合も多いです。シャークアイでも定期的に花見会や夏の前の決起会、クリスマス会、お正月ダイビング、バーベキューなどのイベントを開催しており、好評です。

そういった場を通じて、普段は出会えないような人達と交流し、話を聞くことで刺激をもらったり、時には支えてもらったり。ということがよくあります。
ダイビング自体が一人で行うスポーツではなく、少なくともバディと二人、通常は数人で一緒に潜って楽しむことが多いスポーツです。
コミュニティで多くの仲間と知り合うことで楽しみが倍増していきます。

7. 取得後、頻繁にダイビングできる

近くで取得すれば、ダイビングに頻繁に行くことが出来ます。

取得してから、ダイビングする場所はどこでも選べばいいという考え方もありますが、案外、ライセンスを取った場所の経験というのは大きいものです。
何かあればそこで潜ろうと思うものですが、リゾートとなると一度きりになってしまうことが多いので、どうしてももう一度潜ろうということになかなか出来ないものです。

また、取得してから何か教えてもらおうと思っても、講習をしてくれたインストラクターが近くにいない場合はそう簡単に聞けません。
そうなると不安を抱えたまま、また違う場所でのダイビングに行く、ということになってしまいます。

その分、伊豆であれば、行こうと思えばいつでも行けるし、教わろうと思えば教えてくれたインストラクターやスタッフがいるダイビングスクールが近くにある、ということになりますので
頻繁にダイビングも出来ますし、不安も抱えなくて済む、ということなります。

いかがでしたでしょうか。

伊豆でのダイビングライセンス取得も一つの選択肢として是非検討してみてください。