ダイビングってどれくらいの深さと時間潜るの?:ダイビングのよくある質問Vol.3

ダイビングでよくある質問にダイビングスクールのインストラクターがお答えするコーナー第3弾は「ダイビングの潜水時間と潜水深さ」です。

「ダイビングライセンスを取ろうと思うんですが、実際のダイビングではどれくらいの時間潜っているのですか?また、どれくらい深くまで潜るものなんですか?全然想像がつかなくて不安です。。。」

そんな声にお答えして、今回は潜水時間と潜水深さについてお答えしたいと思います。

潜る深さは18-30m

レジャーダイビングでの潜水する深さは最初は18mまでとなります。これはオープンウォータースクーバダイバー(OW)と呼ばれるエントリーレベルのダイビングライセンスを取得したときに潜ることができる深さとなります。

その次のランクとしてアドバンスドオープンウォータースクーバダイバー(AOW)になると、様々なことを学んで30mまでのダイビングが可能となります。

ちなみにディープダイビングというスペシャリティライセンスを取得すると40mまで潜水することができるようになります。ただ、30mより深いところにはあまり行かないことが多いです。

その理由は「深すぎるとリスクが高くなる」からなんです。

深いところでのダイビングのリスク

ダイビングではタンク内に空気があってそれが続く限り、どこまでも潜れそうなイメージを持っている方も少なくはありません。

しかし、実はどこまでも深く潜れるわけではありません。

30mよりも深いところでは特に顕著になってきますが、窒素酔いといって、タンクの中の空気に含まれる窒素により影響で意識がぼやっとしてきたり、浮上するときに減圧症という症状がでやすくなったりするリスクが高まります。

そのような理由からダイビングで潜ることができる深さというのには制限があるのです。またダイビングライセンスのランク毎に潜水可能な深さが異なる理由の一つには、深さに対する対応力にレベルの差があるから、ということが挙げられます。

ダイビングスクールでしっかり学ぶ理由の一つとしてこのようなリスクに対する対応力を身につけることができるため安全性が高まります。

どのくらいの時間潜っているのか?

ではどのくらいの時間潜っているのかということですが、ダイビングの1本あたりの潜水時間は30-40分です。

この時間の設定はこれまでに述べてきたダイビング可能な深さによる影響によって変わります。

18mまでですと、その日の1ダイブ目の潜水時間は最大40分となっており、30mまでのダイビングだと最大30分くらいになります。これは深いところに長時間いると先ほど述べた体への影響が強くなるためです。

つまり、潜る時間というのは潜る深さと連動して決まってくるのです。

また水温や水の流れにより潜水時間を変更することもあります。

温かい水温や気温の場合は汗をかきすぎることもありますので短くする場合もありますが、低い水温や気温の場合は体が冷えたり、トイレが近くなったりすることがあるのでダイビングの時間は短く設定されることがあります。

とにかく無理しない範囲でダイビング計画を設定する

これまで述べてきたように、ダイビングで潜る深さと潜る時間の設定は様々なことを検討しながら決めていきます。

このようなダイビング計画もダイビングライセンス取得コースの中で学んでいきます。
とにかく無理をしない範囲でダイビング計画を設定することが重要となります。