【解説】ダイビングの器材と費用、いつ買うのがベストか。

ダイビングのライセンスを取得しようと考えた時に気になるのがその費用です。
その費用の内訳として大きなものを考えてみると、一つにはライセンスの講習自体のコストがあり、次にダイビングを行うための器材のコストがあります。

特に器材は、最初からどこまで揃えるか、どれをレンタルするかで費用が大きく変わりますので、悩ましい要素です。

ここではダイビングライセンス取得時の器材の必要性と費用について、ご紹介いたします。

器材購入は必須ではない

まず、始めに言えることは、必ずしもダイビングライセンスの取得の際に器材をフルセットで購入しなければいけないということはないし、また大半の人がフルセット器材購入をしているわけでなく、レンタルをうまく活用している、ということです。

ダイビングをやろう!と思い立って、器材の費用を見てちょっとモチベーションを下げるパターンもよく見かけます。たしかに安くはないのです。ダイビング器材は特殊器材ですし、生産台数も少ないことが一般的なので、量産品と違って割高になりがちです。ただし、そこは海という特殊環境でやるスポーツなので(登山とかスキーも同じですね)、命を預けるという意味では甘く見てはいけないところです。

あとよく見かけるのは、器材をどうにか安く購入しようとして自分で調べて買う人。これもお勧めはできません。まず調べたとしても間違って買ってしまうパターンがあります。例えば、安いと思って買ったウェットスーツの厚みや素材が保温性に耐えられないもので、実際に海に入ったら寒くてブルブルになってしまった。。。なんてことも。これ、実話です。

安いことは問題ではないんですが、本当に必要な器材や性能がないものを誤って買ってしまうリスクがあります。したがって、最初の段階、少なくともダイビングを始める前にいきなり器材を揃えようと”頑張りすぎない”ことが大事です。

まずは海とダイビングを体験する。それで信頼できる専門家に相談して、じっくり考えてから買う。これが一番です。最初から器材購入は必須ではない、これを覚えておきましょう。

ちなみに、ときどきライセンス取得講習費用はかなり安価になっているけれども、よく見てみると器材購入が条件になっている場合もあります。ダイビングをずっと続ける方で、器材購入はしたいと考えている方には問題ないですが、とりあえず様子を見ながら器材購入を考えたい人にとっては、この条件は足かせになります。ライセンス講習の申し込み前には、必ず何が条件になっているか、よく確認しましょう。

器材はいつから揃えていくのが一般的か

最初に書いたとおり、ライセンス取得講習の前にすべての器材を揃える必要は全くありません。

ただし、人によってはどうしても「マイ器材がいい!」という人もいます。「形から入るんです!」という人も。はい、もちろん理解をしておりますが、そんなに安い買い物ではない器材購入なので、じっくり考えていただくのがいいかと思います。

多くのダイビングスクールでレンタル器材を講習時や講習以外のダイビングで貸し出しています。もしレンタルを希望される場合は、レンタルサービスを提供しているかは念のため確認しましょう。

では、いつから器材を揃えるか、という話ですが、これは本当に人によって様々です。
最も多いのは、ライセンス取得講習中または講習後のダイビングに向けて、マスクやシュノーケル、フィンなどの最低限の器材を購入され、徐々に買い足して、最終的に全ての器材を揃えられるパターンです。

次いで多いのは最低限の器材に加えて、ウェットスーツやドライスーツを購入されるパターン。スーツはダイビングを行う上では必須で、体のサイズに合ったものを使うほうがより快適になるので、こちらをその他の器材に優先して購入される方が多いです。

一気にすべての器材を買い揃える方も少なからずいますが、少数派です。

その他としては、BCDやレギュレーターなどの比較的高価な器材から購入されるパターンも稀にありますし、写真器材(水中カメラなど)を優先されることも。しかし、これらは稀な選択肢です。

ということで、多くの方は段階的に優先順位を決めて買い揃えていくというパターンとなりますが、実はこれがベターな選択肢とも言えます。なぜなら、ダイビングをやればやるほど、器材の扱いにも慣れてきますし、器材による違いも分かってきます。

実は器材も初心者向けから上級者向けまで幅広く種類があり、当然値段も違います。
ただ、高いから良いということではありません。
ダイビングが上達してくれば、より快適性を求めて上位の器材を使いたくなることもありますし、逆に上位器材は体に合わなくて初級~中級くらいの器材のほうが快適ということもよくあります。実例として、ダイビングのプロになっても、使っているフィンは初心者向けと同じ、というパターンもあります。

自分のダイビングスタイルや体に合ったものが一番です。
それを理解する前に購入して後悔するのだけは避けたいところです。

もしレンタルをされる場合は、ショップにお願いして同じ器材でも違う種類を使わせてもらうとか(種類とサイズが合えば、ですが)、そういったことも検討してみましょう。レンタル完備をうたっているダイビングスクールやショップであれば複数の種類を持っていることもあります。

レンタルか購入か、器材の考え方を決めるもの

レンタル器材にするか、器材を購入するか、をどう決めるか。

まずは、そもそもレンタルがないスクールやショップでライセンス講習を受けるとかダイビングをする場合は、選択肢はありませんので、そこはレンタルがあるところのほうが選択肢が増えます。
ついで、レンタルはあっても体に合わないパターン(身長が2mとか。。。)もあり得ますので、どのサイズまであるかを。しっかり確認しましょう。

器材を購入するかどうかの決め手は、ダイビングをどのくらい本気で、且つどのくらいの頻度でやるか、にも影響されます。

もしかなり頻繁にダイビングをする、例えば1か月に1回は必ず海に行くつもり、とかであれば、頻度は高い方ですのでレンタルよりも器材を購入したほうが割安になります。器材を購入する場合、何回潜ればレンタルの場合と比較して同等のコストになるかを確認し、買うかどうかを決める、というのが一般的です。

年に2-3回程度、しかも夏だけ。とかであれば、ほとんどの器材はレンタルで、最低限の器材を揃えるだけでも十分かもしれません。

レンタルの良いところは、最初に大きな投資をしなくてもダイビングを始められるところですが、快適性は自分の体に合ったものには劣ります。このあたりは良し悪しがありますので、自分のダイビングにかける気持ちと予算に応じて、どこに投資してどこを妥協するかを選択する必要があるかもしれません。

購入する場合、まずは比較的安価な初級~中級モデルでスタートして、揃えるパターンもありです。

色んなパターンがありますので、予算を確認して、信頼できるショップのスタッフとも相談して決めていくと良いと思います。

器材の価格の相場

ダイビングの器材には、軽器材と重器材、ダイビング用スーツ、その他の4つの種類があります。
まず、軽器材はマスクやフィンなどの基本的な器材で比較的安価なものです。価格は0.5-2万円が主流となります。
次に重器材ですが、これは浮力調整装置(BCD:Buoyancy Control Device)や呼吸用レギュレーターなどの構造が複雑で精密な部品が使われているものです。当然価格も高くなり、5-20万円となります。
そして、ダイビング用のスーツがあり、これにはウェットスーツとドライスーツの2種類があります。
最後にその他としては水中撮影用カメラハウジング(カメラを中に入れて水没しないようにする)やダイビング専用のインナーウェアなどがあります。

以下、それぞれの器材と価格の相場を記載します。

1.軽器材

スノーケル

価格帯:0.5万円~1万円

マスク

価格帯:1万~3万円  ※度入りレンズにすると+1~2万円

フィン

価格帯:1万円~3万円

ブーツ

価格帯:0.5~1万円

ブーツ

価格帯:0.5~1万円

2.重器材(重器材は精密なので必ず専門家の意見を聞いて確認してから購入しましょう)

BCD:浮力調整ベスト

価格帯:5万円~

レギュレーター

価格帯:5万円~

ゲージ

価格帯:2万円~

オクトパス(予備のレギュレーター)

価格帯:2万円~

3. ダイビングスーツ(スーツは快適性を決める重要な器材なので必ず専門家の意見を聞いて確認してから購入しましょう)

ウェットスーツ

価格帯:5万円~

ドライスーツ

価格帯:10万円~

4.その他

水中撮影用カメラハウジング

価格帯:3万円~

水中撮影対応カメラ(水深10-30m)

価格帯:3万円~